治療薬

ピル

EDとは勃起不全のことを言います。
性欲はあるのにいざ性交をしようと思っても勃起しない、勃起しても十分な硬さにならない、挿入できても勃起が長続きしないなど症状は人それぞれです。
現在では、海外の製薬会社からED治療薬も開発されていて、医療機関でも治療の対象となっています。
医療機関での治療は主に泌尿器科で診察しており、性機能専門医がいるところもあります。
しかし、このような男性特有の悩みを持っている人は、恥ずかしくて他の人に知られたくない思っている人も少なくありません。
最近では美容外科でも勃起不全の治療をしているところが増えています。
美容外科の多くは予約制で個室でのカウンセリングとなっています。
他の患者と顔を合わせたくないような人にはおすすめです。

EDの症状は治療を行う上で軽度、中程度、重度に分けられますが、日本人の成人男性の4人に1人は、中程度か重度のEDに悩んでいるという説もあります。
また、年齢が上がるほどEDになる人の率が高まりますが、20代や30代でも増加傾向にあります。
EDになる原因はストレスや神経、血管の異常など様々なことが考えられますが、最近ではEDは高血圧や糖尿病などの生活習慣病の合併症の一つと考えられており、特に高血圧や高脂血症などの血液の循環に深く関わる生活習慣病はEDになりやすいと言われています。
現在では、生活習慣や食生活の乱れから生活習慣病にかかる人も増加しているため、それとともに今後もED患者が増加するものと考えられます。