予防すること

処方師

まずEDになった時には早めに医師に相談をすることが大切です。
その前兆としては勃起がしにくい、時間がかかるようになった、性行為中に中折れするなどがありますが、何れの場合もEDかと思ったらすぐに対策することが大切です。
最初に知っておきたいのが現在の治療法についてです。
今現在有効な対処法として世界でもポピュラーとなっている方法は2つあり、1つが製薬メーカーのED治療薬の服用、もう1つがICI療法です。
基本的にED治療薬の服用からはじめて、そこで効果が無いようならばICI療法を取ることが一般的です。
ただし日本ではICI療法は行っている病院が少ないため注意が必要です。
そのため多くの場合は勃起不全の治療はED治療薬と体質改善を同時に行っていくことになります。

その症状が男性自身の機能不全ということで落ち込む人も多い勃起不全ですが、普段のED治療薬の服用と共に、生活においても工夫をしていくことでその症状を改善させることができます。
勃起不全の原因は内因性の場合がほとんどで、それらはストレスや体質、食生活など様々なものが絡んでいるとされています。
そのためその原因となっているものを生活習慣の改善などによって取り除いていく工夫が改善には有効です。
例えば酒やたばこは勃起不全を招くだけでなく、健康や美容面においても良いことがないので、まず最初に辞めることを医者からも勧められるものです。
また食生活の改善をする工夫も症状の緩和に繋がります。
脂っこいものは避けて、野菜や魚介類などを多めに摂取して、コレステロールを溜めないことも重要です。